動画コンテンツが増えていく一方で、それを編集する人は不足しています。
今動画編集のスキルを身につけることはビジネスチャンスをつかむことなんです。ムービー編集部代表の前川と、主婦の由希子さんの会話でそれが明らかになります。

動画はどんどん増えていく

こんにちは、ムービー編集部代表の前川です。
今日は、ネット上の動画コンテンツのお話をしたいと思います。スマホの普及で、動画コンテンツは急速に増えていくと予想されています。まずはこのグラフをごらんください。

動画広告の市場規模のグラフ
出典 https://www.cyberagent.co.jp/news/detail/id=22540

サイバーエージェント社が動画広告の今後を予測したグラフです。ごらんのように今後動画広告はどんどん使われるようになっていき、そのほとんどはスマホ(グラフの緑の部分)だとされています。

たしかに最近はスマホで動画をよく見るような気がします。

由希子さんは「5G(ファイブジー)」というのをご存じですか?

言葉は聞いたことがあるような気が。ニュースとかで。

スマホなどモバイルの新しい通信方法で、これまでとは格段に速度が早まり、安定性が向上します。それもあって、動画コンテンツが増えていく、と予測されているんです。
しかし、ひとつ忘れていることがありませんか?

動画は増えるが、それを作る人は?

忘れていること? なんですか?

動画コンテンツが増えるには、それを作る人がいなければいけません。でも、そんなに急にはクリエーターの数は増えない。

ああ、たしかに。見る人がいれば作る人も必要ですよね。

今でさえ、クリエーター不足だと言われています。こんなに動画コンテンツが増えるなら、作る人も増やさないと追いつかないでしょう。

でも、YouTubeなんかで動画をアップする人は増えているから、作る人も増えるんじゃないですか?

動画撮影をする人は多いのに、編集をする人は?

たしかに動画を撮影する人は、スマホの普及で急速に増えました。しかし、YouTubeにアップされる動画の多くは、撮影されただけで編集されていないものが多いのです。

それじゃダメなんですか?

趣味やプライベートの動画はそれでかまわないと思います。でも企業がアップするような動画コンテンツはどうでしょう?

あ~、たしかに企業のコンテンツだと撮りっぱなしの動画では信頼を損ないますよね。

大手企業の場合は予算に余裕があるので、制作会社や広告代理店に外注してクォリティの高いコンテンツを作ってもらえます。でも中小企業だとそうはいきません。

そもそも、動画を編集するようなノウハウを持っていないんじゃ・・・

そういう場合もあるでしょう。もうひとつは中小企業の社員さんというのは、忙しい。

あ、ウチの主人もよく言っています。人手不足でいろんな仕事をやらなくちゃいけなくて、手が回らない。

そんなこともあって、中小企業ではなかなか動画による情報発信ができていないことが多いのです。
でもこれってビジネスチャンスだと思いませんか?

動画編集をするというスキル

たしかに。中小企業でも、動画で情報発信できるようになったら、業績が伸びると思いますし。

そこで、企業に代わって 動画の編集を やってあげることができたら、これは絶対に仕事になるんです。

私にそういうスキルがあったらなぁ。

動画編集のスキルなら今からでも身につけることができますよ。

私にもできるでしょうか? 何にも知らないんですけど

できると思います。努力次第ですけど。