当エディタースクールでは動画編集ソフトとしてVegas Movie Studio 16 Platinumを使っています。

ベガス、ですか。あんまり聞いたことがないですね。

たしかに、Adobe Premiere Proなどに比べて知名度はイマイチですが、たいへん高機能な編集ソフトです。

なぜ、そのソフトを使うんですか?

1万円以下の安価なソフトでありながら、実務に使えるほどの充実した機能を持っているからです。

たしかに安いソフトなのは助かります。

それに実際に仕事で使い始めて、より高機能な編集ソフトが必要になったら、上位バージョンのVegas Proというシリーズがあります。操作性も共通なので、すぐにアップグレードすることができます。

実際に動画編集を仕事にした時のことまで考えていたんですね。

比較的「軽い」動作なのも、対応できるPCの幅が広がりますしね。

おいくらの編集ソフトなんですか?

発売元のソースネクスト社のページでは標準価格6,880円となっていますが、スクールではダウンロード版とボリュームライセンスを利用して、よりお安く提供いたします。

あら、嬉しい。

ソフト代が 5,968円、それに操作マニュアル(PDF)料金として2,000円です。

それで、動画の編集ができるようになるんですね。

はい。たいていの動画編集ならこなせると思いますよ。