困っている中小企業

動画の持つパワーに注目しているが、予算や人手がなくて手を出せないでいる企業はたくさんありますね。

動画広告市場規模推計のグラフ

動画コンテンツは5G時代の到来とともに、急増していくと考えられています。

二つの選択肢

従来企業としては外部の制作会社や代理店に外注するか、社内ですべて内製化するか、どちらかの選択しかありませんでした。

映像制作プロセスを再構成

私たちの提案は、それを分業化することです。編集や仕上げの部分はムービー編集部で代行させていただきます。

ではその編集を誰がやるのか? 在宅でできる仕事をやりたい主婦の皆さんにやっていただこう、という発想です。

2020年2月から「ムービー編集部エディタースクール」を開講します。これは実務としてネットムービーの編集を担当できる在宅ムービー編集者を育てるスクールです。

エディタースクールの卒業生にはフリーランスの映像エディターとして仕事をしていただき、ムービー編集部が受注代行をします。

各エディターには在宅で「編集長」というディレクターの指導のもとで編集作業をしていただきます。データの受け渡しはクラウドを使います。

仕事をしながらエディターも成長していくので、ちょうど落語家の昇進をイメージしたランク制を設けます。

エディターは成長するに従って、過去の職歴や自ら持っているスキルを生かして個性的なクリエイターになることを目指していただきます。